結婚式のスピーチ時等の人前でのあがり症・緊張を短期間で克服・治療する専門院 / 大阪市・城東区にある心理療法・カウンセリング施設
スピーチ時の緊張を克服しよう

≫ お知らせ
あがり症/赤面症克服の3ヶ月モニターさんを募集しております。
≫ TWITTER
≫ 克服事例
≫ 施設紹介
≫ お問い合わせ
≫ 地図

≫改善のプロセス①
当施設における”あがり症の改善プロセス”をご紹介致します。
プロフィール:
40代男性 管理職
抱えておられたお悩み
①プレゼン時にあがってしまうことが多く声が出しにくい
②人前で話す時に緊張していることを意識してしまい、更に緊張が酷くなる
※ 人前で話すことが多く、その際、緊張によって上手く話せないことが苦痛だとのことです。
当院にお越しになるまでの治療履歴
・カウンセリング
・心理療法

初回施術
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術

まず始めに、あがりやすい体質になっているかどうかを検査させていただきました(あがりやすい人は筋肉が固く拘縮しております)。検査の結果、この方の筋肉は奥まで固く拘縮しており、あがりやすい状況になっていることが分かりました。特に首、背中、腹部がひどく、 ご本人様に伺ってみると、昔から筋肉が固く頻繁にマッサージを受けたり、自ら棒を使って強く刺激していたとのことです。 この固く拘縮してしまった筋肉に対して、当院独自の気功整体法を施し、柔軟性をある程度取り戻していただきました。この施術だけで、全身の緊張感が和らいだことを実感された様子でした。
筋肉への施術に続き、緊張や不安を司る扁桃体への施術、過去のあがってしまったトラウマへの施術をご提供いたしました。 初回はこれで終了。ご本人様の感想としては、「体の感覚が元に戻った気がして治りそう!」とのことです。症状が緩和するまで週2回のペースで施術することをご了承いただきました。
2回目の施術
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術

初回から3日後に来院いただき、その後の調子をお聞かせいただきました。そうすると、人前で話す機会はなかったものの、いつもなら緊張する場面で全く緊張を感じなかったことに驚いたとの感想をいただきました。
筋肉の状態は前回より良くなっているものの完全ではないので、引き続き、筋肉、扁桃体、トラウマへの施術を行いました。

3回目の施術
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術
前回から4日空けてお越しいただきました。この間、人前で話す機会があったようですが、いつもより格段に緊張しなかったとのことで大変喜ばれました。筋肉の柔軟性はかなり改善してきました。
4回目の施術
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術
前回から3日後にお越しいただきましたが、良好な状況が続いておりました。
5回目の施術
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術
前回から4日後にお越しいただきましたが、仕事のトラブルで、強いストレスを感じたそうです。その結果、筋肉が拘縮を起こし、緊張やあがりを引き起こしやすくなっていました。扁桃体、トラウマへの施術を強化することで、日常で生じるストレスにも強くなれることをご理解いただき、今回も3種類の施術を受けて頂きました。
6回目
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術
前回から3日後にお越しいただきました。仕事上のトラブルは継続していたようですが、精神的に安定し、筋肉の柔軟性も回復していました。ストレスがかかっても扁桃体や過去のトラウマへの施術が進めば、筋肉は拘縮せず緊張しにくい状態になれることを改めてご説明させて頂きました。完治する方向性が見えたので、かなり喜んでくださいました。
7~10回目
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術
7~10回目も週に2回のペースでご利用いただきました。この間、不快な緊張感は、人前で話す際も含め日常からかなり消えさったようです。次回から間隔を空けて様子を見ることにいたしました。
11回目から間隔を広げて施術
①筋肉を緩める施術
②扁桃体にアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術
今現在、月1回のペースで来院されているが、人前で話すことにストレスを全く感じない状態が続いているとのことです。