結婚式のスピーチ時等の人前でのあがり症・緊張を短期間で克服・治療する専門院 / 大阪市・城東区にある心理療法・カウンセリング施設
スピーチ時の緊張を克服しよう

≫ お知らせ
あがり症/赤面症克服の3ヶ月モニターさんを募集しております。
≫ TWITTER
≫ あがり症について
≫ 治療の事例
≫ 克服までの事例
≫ このような皆様へ
≫ 患者様のご感想
≫ 施設紹介
≫ お問い合わせ
≫ 地図

≫あがり症の原因

あがりはノルアドレナリンの過剰上昇によって起こる
『あがり』は、血液中のノルアドレナリン値が上昇して起こります(ノルアドレナリンは覚醒や興奮に関係している神経伝達物質で、脳内から分泌されます)。
このノルアドレナリンは、緊張や不安を感じたときに活発に分泌され、自律神経の交感神経を活性化いたします。交感神経には、心拍数や体温、血圧を上昇させる働きがあり、そのためあがり症の症状である動悸や発汗、震えなどを引き起こすのです。

なぜ、ノルアドレナリンが過剰分泌されるのか…動物脳の問題
あがり症の直接的な原因は、"ノルアドレナリンの過剰分泌"です。
ではなぜ、ノルアドレナリンが過剰分泌してしまうのでしょうか?これを理解するには少し脳のお話が必要ですので、簡単にご説明させていただきましょう。

実は、脳の内側に動物脳と呼ばれる部位があり、ここは原始的な感情(不安や恐怖など)を司っています。この動物脳が不安や恐怖を感じるとノルアドレナリンが出るようになっており、あがり症の場合では"人前に出る→動物脳が過剰に働く→ノルアドレナリンも過剰に分泌→交感神経が過剰に働く→動悸・震えなどのあがり症の症状が出てくる"といった流れになっております。
こう考えると、根本的には動物脳の働きが根源的な問題になってまいります。

動物脳が暴走しやすくなってしまうのは…
動物脳が暴走しやすくなっているのは、大きく分けて2つの原因が考えられます。
ひとつは動物脳の周囲にある"理性を司る人間脳"の働き低下です。
動物脳は人間脳によってある程度の制御が可能ですので、人間脳の働きが下がってしまうと、より動物脳は暴走しやすくなり、あがりやすくなるのです。
もう一つの原因は、人前で大きな失敗等をしてしまい、そこで生じたトラウマが動物脳から出る不安や恐怖のシグナルを大きくし、より強く動物脳が暴走するようになってしまっているケースです。

解決のカギは動物脳を制御できるようになること
ここまでの説明で、あがり症はノルアドレナリンの過剰分泌が交感神経を強く働かせてしまうことが直接的な原因であること、そしてその背景には脳内部にある動物脳を上手に制御できない状況に陥っていること…を説明させて頂きました。
上記の事から、根治するには動物脳の制御が重要になってくるので、当施設ではこの部分にフォーカスを当てた施術を行っております。

あがり症/赤面症専門の心理療法院【大阪・城東区】