スピーチ時の人前でのあがり症を短期間で克服する方法 / 大阪・城東区にある心理療法・カウンセリング院
院長のブログ
事例
≫ 施設紹介

≫ お問い合わせ
≫ 地図



≫ご利用者様の声
30代 女性 会社員
少し前から体調の不良で通わせていただいています。
上西先生に過敏な状態を解し調整して頂く中で、私にとってもう一つの悩みだった「あがり」を改善していくことに繋がっていきました。
仕事で人前で話す機会が度々あり、いつも声が震えてしまい、思うように話すことが出来ず、何とかしなければとスピーチ講座に毎月通う中で、少しマシになっても人前で堂々と話すまでには至ってませんでした。
中略
こちらに通って少しずつ人前で落ちついて話せるようになり、特にここ3か月は安定しています。
そんな中、私に管理職が集まる場で30分程度プレゼンしてほしいと社長より直々に話がありました。今までであればパニック状態でしたが、どうやったら相手に伝わるかという視点に集中して当日は、落ち着いて周りの様子を見ながら話をすることが出来、更に話す楽しさを感じる余裕までありました。

30代 男性 管理職
管理職として働いているが、社内での行事ごと(朝礼・プレゼン・スピーチ)をする機会が年々多くなり、緊張して、汗が出てくる、首がしびれるといった症状がありました。過去に大事なスピーチでいきなり汗が噴き出すトラウマがありました。
中略
お陰様でその後のスピーチは成功し、多くの方に「名スピーチ!間が上手かった!」と言われるくらい、お褒めの言葉を頂きました。
今でも日を追うごとに、そのような場面でも緊張せず、ゆとりをもって話せていくのを実感しております。