結婚式のスピーチ時等の人前でのあがり症・緊張を短期間で克服・治療する専門院 / 大阪市・城東区にある心理療法・カウンセリング施設
スピーチ時の緊張を克服しよう

≫ お知らせ
あがり症/赤面症克服の3ヶ月モニターさんを募集しております。
≫ TWITTER
≫ 克服事例
≫ 施設紹介
≫ お問い合わせ
≫ 地図

≫改善のプロセス②
当施設における”あがり症の改善プロセス”をご紹介致します。
プロフィール:
30代女性 主婦(パート)
抱えておられたお悩み
①複数の人前で話す時に頭が真っ白になる。
②緊張して人付き合いが出来ない。
常に緊張しており、びくびくしているご自分が嫌とのことです。
施術前に話を聞くと、子供のころから緊張癖があり、特に原因に心当たりはないとのことでした。
当院にお越しになるまでの治療履歴
・カウンセリング
・鍼灸
初回施術
①緊張を緩める施術
②メンタルストレスにアプローチする施術
③過去のトラウマへの施術
初回のチェックを行うと、体は全身緊張で固くゴリゴリして感覚が鈍い状態であり、かつ精神的ストレスも大で、その方が本来持っている能力が生かされていないという結果でございました。
そこでまず最初に、体の緊張が楽になるかを施術で確認します。アプローチ後には、ゴリゴリが無くなり体が柔らかくなっているということを、患者さんご自身に認識していただきました。緊張がほぐれ、 呼吸が大きくなった気がするという感想を頂戴することができました。
次に、メンタルストレスを取るために、自分では気づいていない無意識のトラウマにアプローチ。 終わってから気分を尋ねると、頭がスッキリしたとの良いお返事を頂くことができました。
初回はこれで終了し、次回は3日後ということで快諾いただけました。
2回目の施術
①緊張を緩める施術(肉体へのアプローチ)
②脳の不安解消のためのアプローチ(気功)
③脳の不安解消のためのアプローチ(心理療法) ④人前で話すイメージを取り込む
2回目のご来院で、その後の調子をお伺いしますと、スッキリ感は施術翌日まで持ったが徐々にまた緊張感が出てきた…とのことでございました。しかしながら、ママ友と話をするのがいつもより楽になった気がする!と前向きなお言葉が出ておられました。
2回目の施術では、初回で行えなかった肉体面への別のポイントを施術。また、次の方法として、脳の不安を感じさせる部分に気功と心理療法を合わせた技術でアプローチさせて頂いております。
前回同様、また頭がスッキリしたとのことなので、人前で話すことをイメージしてもらい、その感覚を尋ねると「何とかなる」という気分が出てきたとのことでした!
3回目の施術
①筋肉を柔らかくする施術(気功整体)
②脳の深部への心理療法
前回の施術後のことをお尋ねしますと、スッキリ感が前回よりも少し維持できたそうで大変喜んでおられました。
3回目は、体の筋肉を柔らかくするための気功整体を施した後、脳の深部にアプローチするためにイメージトレーニングを行いました。
大勢の前で話す記憶を追体験してもらい、その時に出てくる嫌な感覚をシャットダウンする…といった心理療法を使用いたします。 最初は嫌な気分だったが、途中でどうでも良くなり、嫌な記憶がどうでも良い記憶になった!というところで終了させて頂きました。
4~15回目の施術
①状態を見ながら初回~3回目までの各施術
一進一退ながら、徐々に日常の緊張感が緩和してきたことを実感する。
16回目の施術
①状態を見ながら初回~3回目までの各施術
子供の学校の役員になったが、何とかできそうな気がするが、まだ心配もあるので治療を継続してほしいとのことで、治療継続中です。