スピーチ時の人前でのあがり症を短期間で克服する方法 / 大阪・城東区にある心理療法・カウンセリング院
院長のブログ
事例
≫ 施設紹介

≫ お問い合わせ
≫ 地図



≫院長の歴史詳細


第16回:独立後
今まで出張治療で複数の患者さんを施術してましたが、
店舗を構えるとなると、それだけでは施術院の経営としては、全く足りません!

そこで、新規の患者さんにアピールするために、再びポスティングをすることになりました!

これは出張治療の時に嫌というほどやってたので、慣れたものです。

それだけでなく、先に店舗を経営している、
ある友人からの強い勧めで、あることを始めることにしたのです!

それは、今回からホームページを作成することでした!
この当時、今ほどホームページを持っている治療院は多くなかったので、これは有効でした!

そして、店舗を開く初日を迎えるのでした。
その日は、いつものように午前8時から午後4時まで接骨院で治療した後、
出張治療の患者さんの予約が入ってたので、大急ぎで患者さんのお宅へ直行!

そこで治療を終えて、店舗へ初出勤!
ラッキーなことに初日にもかかわらず、予約が入っていました!

ホームページからの患者さんです。
院を構えて始めて来てくれた患者さんは、カップル二人でした!

今もそのお二人のことはよく覚えています。
そのお二人を心を込めて施術させていただき、当日は終了!

初日は、出張治療の患者さんも含めて合計3人施術させていただくことが出来ました。
午後5時からしか施術をできない事情としては、上出来でした!

しかし、3人も施術できたのはこの日だけでした。
他の日は0~2人しか施術できず、結局この月のトータルは、39人という結果に…。

こんな結果でしたが、まだこの当時の私は、昼に接骨院で仕事をしていることもあり、
さほどの危機感は感じていませんでした。


それどころか、予想より多くの方に来ていただけたと、大喜びだったように思います。
それに、ある程度治療に自信があったので、
口コミでどんどん患者さんは増えていくと信じて疑っていなかったのです!

そして次の月、40人。
その次の月、37人、そのまた次の月が33人と増えていくどころか、減っていく来院数を見て、ようやく自分が勘違いしていることに気づき始めましたが、どうすれば良いのか分かりません!

そして次の月には、更に大きく減って21人になってしまったのです!
患者さんが減り、当然ながら、店舗で施術をしない時間がどんどん増えてしまいました。

気が付けば、もし私が完全に独立しているなら、院を閉めなければならない状態にまで追い込まれていたのです!


幸か不幸か、考える時間だけは、沢山出来ましたので、何が悪いのか、色々考えました。
そして、出した結論は、出来ることは全てすることに!

まずは、施術技術を上げるため、セミナーに行ったり練習に励んだりもして、腕を磨きました。

他に、コミュニケーション力を上げるための勉強会に参加もしました!
自分のモチベーションを維持させるトレーニングも積みました。

色んなことをしましたが、なかなか結果に結びつかず、苦しい思いもした記憶があります。
しかし、ある本を読んでから、自分は表面上のことしかやっておらず、根本は変わっていないことにきづいたのです!

それは何かというと、自分の芯の部分です!
言い換えれば、ポリシーとでもいうのでしょうか?

自分は何をしたいのか、又なぜそれをしたいのかという人間の根本的な部分です!
それがあやふやでは、本当の実力はついてきません!

そこで、本当に自分は何がしたいのかを考え続けました。
そして結論が出ました。

シンプルかもしれませんが、皆さんの本当の笑顔が見たいという結論になりました。
笑顔になるためには、健康になってもらわなくてはいけません!

健康になってもらうためには、施術技術はもちろんですが、皆さんに安心感を持ってもらうために心の面でもケアすることが必要だと感じました。

必要なことが分かれば、今まで以上に目的意識を持って学ぶことが出来るようになり、施術自体のレベルもアップしていったように思います。

すると、患者さんもドンドン来るようになってきてくれました!
気が付けば、収入面で本業である接骨院のそれをも上回るようになっていました!

これを切っ掛けに、完全独立することにしたのです!
その後、もっと広い場所が必要になり、現在の場所に移転し、今に至るというわけです。
お陰様で今は繁盛店になり、忙しくさせていただいてますが、感謝の気持ちを忘れることなく、日々精進しています!