あがり症の原因と薬以外で改善させる方法

あがり症になる原因はいくつか考えられますが、ザックリ大きく次の2つに分けられるでしょう。

1.先天的に脳が緊張しやすい方。
2.何かの経験の結果、そのトラウマであがり症になった方。

上記の2つが組み合わさったという方も居られます。

1の場合、脳内部の緊張感を感じさせる部分が誤作動を起こして、常に緊張させる指令を出していると考えられます。

2は、その時の体験が強烈に脳に刷り込みをしてしまい、その時の感覚が進行形で続いているのです。

このようにあがり症と言っても原因が違う場合、治療法も異なってきますが、当院の場合は2つの原因どちらにも対処できるような方法で施術を行います。

薬物療法の場合は、薬の成分によって脳が感じる緊張感を鈍くして、薬が効いている時だけは落ち着かせることが出来ます。

ですが、脳が緊張する原因はそのままなので、薬が切れると元のあがり症に戻ってしまうわけです。

薬以外の方法でも、脳が緊張するのを改善させることは可能です。
これまでの10年以上の臨床を分析した結果、呼吸法や身体のリラックス感、心理療法、気功などを組合わせれば、脳も楽になる事が分かりました。

薬以外の方法を探している方は、お近くの専門院にご相談くださいね。^^

関連記事

コメントは利用できません。

無料メール講座

自力で自律神経の乱れ・うつ病・パニック障害を安定させる無料講座です。 http://www.reservestock.jp/subscribe/37479
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る