あがり症を改善させる方法の一つとして、マインドフルネスや座禅が脚光を浴びています。

いずれも自分の内側の心を客観的に見るのですが、当院の脳クリーニングも全く同じ原理で、更に効果を上げる工夫をしています。

ところで、座禅をするときに「数息観(すうそくかん)」という自分の息を数える修行の方法があるのをご存知でしょうか?

一呼吸(吐く息と吸う息)を一つと数え、雑念に惑わされない方法です。

その時大事なことは、「二念を継がない」という考え方。
二念を継がないとは、例えば座禅をしているとき、「物音がした」という状態が一念。

二念は、「今の音は何だったんだろう」と次の疑問やら思いを持ってしまうことを言います。

それが、三念、四念と次から次へとわき起こると、「妄想」となってしまうのです。

まさに、「緊張して、恥をかいたらどうしよう」というネガティブな感情も同じです。

そのネガティブな感情にとらわれると、次から次へとネガティブのループが続くことになるのです。

今ある現象をそのままを受け入れるだけにして、その先自分の物語を作るのはやめましょうね。^^

それが出来るようになれば、あがり症は改善します。
それが出来れば苦労はしないという方には、当院の施術で脳からその状態に持っていきます。

今ならモニターも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせくださいね。^^

 

 

関連記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る