ピロリ菌はありませんか?

ピロリ菌とは潰瘍の原因となる菌ですが、この菌が多いと鉄分の吸収が妨げられ鉄欠乏性貧血からうつ病へ進行することもあるそうです。
その場合はピロリ菌を抗生物質等で駆除すれば鬱症状が改善される事があります。

鉄が不足するとヘモグロビンを作れず、いわゆる貧血になってしまいます。
貧血になると酸素を運べませんので、脳はぶどう糖を利用してエネルギー
を作ることができずに、機能低下を起こしてしまいます。
機能低下した脳は、精神疾患を作る原因になります。

あまり認知されていませんが、鉄の不足によって発症する
精神症状は「うつ病」と酷似しています。

なぜかというと、鉄は神経伝達物質のドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン
を作る酵素の補酵素として機能しています。十分な鉄が得られないとこれら
ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンが必要なときに作られず
うつ病のような精神症状を出す原因になるのです。

セロトニンは心を安定させる神経伝達物質です。
ノルアドレナリンはやる気を作る神経伝達物質です。
ドーパミンは快楽を作る神経伝達物質です。

つまり、鉄が不足していると、やる気がでない、喜びを感じない
感情が不安定等の症状が出てしまいます。
精神科、心療内科に行くとうつ病と診断されることが多いです。
鉄不足のある人は、早期に鉄不足を解消しましょう!

関連記事

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る