マインドフルネスとは?

突然ですが、マインドフルネスをご存知の方も多いと思いますが、やったことありますか?
アメリカで注目されている行動認知療法です。

私は8年ほど前に知りました。
その存在を知ったのは、読売新聞の記事の中で、うつ病やパニック障害を改善させた療法として紹介されていたからです。

簡単にその中身を紹介すると、嫌な事、不安な事が頭に浮かんできても、あるがままに受け入れるのです。

最初は苦痛ですが、それを客観的に感じられるようになれば、自然とその不安が頭の中から抜けるようになっていきます。

時間はかかるが、薬に頼らないで、完治させることも出来ると記事の中で紹介されていました。

この記事を読んで、自分の行っているストレス除去法と似ていることに驚かされました。

マインドフルネスと私の施術法のアプローチのやり方は違いますが、嫌な事や不安感、ストレスを考えても、体に悪影響を及ぼさないことにおいては、見事に一致しています。

やり方は違っても、原理は一緒のように感じました。

具体的な方法について、自宅で簡単にできる方法を紹介したいと思います。

マインドフルネスのやり方

「3分間呼吸空間法」といいます。

1.
まず、姿勢を正して椅子に腰かけます。
最初の1分で、その時感じている自分の思考や感情、体の感覚に意識を向けます。

2.
その時湧き出てくる嫌な感情や不安感などネガティブな気持ちが出てきても、気持ちをそらさないで、そのまま感じ続けるようにします。

冷静に、「自分はこんな感覚を感じているのだな」と、他人事のように感じるようにしましょう。

3.
次の1分で、呼吸に意識を集中させます。

最後の1分で、呼吸を意識しながら、体全体の感覚に意識を向けます。
それだけです。

ここで大事なのは、マイナスの思考から目をそらさずに、他人の目でその感覚に目を向け続けることです。

本当にその不安感が、消えて薄れていくと思います。
私の施術の中でも、これと同じことをクライアントさんに指導することがありますが、殆どの方が、その嫌な気持ちに対して集中できなくなり、嫌な気持ちになるよりも、そんな事どうでもいいという気分になっていたいているようです。

一人のトレーニングの場合、慣れるまで、時間がかかるかもしれませんが、気楽に続けるようにしてくださいね。

きっと出来るようになると思います。^^

関連記事

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る