何か行動していてもあるいは、迷って何も行動に移せなくても関係なく時間は止まることなく進んでいきます。

 

面白い会話が行われていた。

十八歳の少女と、経験豊かな老人との対話である。

 

 

老人は少女の人生の方向、特にどんな分野の職業を目指しているかについて尋ねた。

少女は答えた。

 

「そうですね、私は心理学者になりたいんですけど、そのためには長いこと勉強をしなければなりませんから、なったところで年を取りすぎているんじゃないかと心配なんです」

 

賢明なる老人はしばらく黙って座っていた。

それから微笑んで、こう聞いた。

 

「お嬢さん、心理学者になるには何年かかるのですか?」

「七年くらいです」と少女。

 

「七年経つとあなたは何歳になっていますか?」

「二十五歳です」

 

それから老人はこう尋ねた。

 

「心理学者にならなかったら、七年後あなたは何歳になっていますか?」

当然ながら、少女の答えは同じだった。

 

「二十五歳ですけど」

 

_______

 

あきらめなかった人々

デニス・キンブロ 著

ナポレオン・ヒル 著

田中 孝顕 訳

きこ書房

 

_______

 

何かを成しえるのも、自分が成りたい者になるのも、時間がかかるものです。

しかし、何もしなくても時間は経過するということを忘れがちです。

 

5年経てば、5歳年をとる。

大切なのは、5年分成長しているかどうかです。

 

5年経過するリスクはよく理解できるけど、

5年間成長しないというリスクは、意外と見えていなかったりします。

 

仕事でも勉強でもスポーツでも恋愛でも言えることでしょう。

あのときさじを投げてしまったリスク、

 

あのとき頑張らなかったリスク、

あのとき行動しなかったリスク、

 

人は、自分が選んだ決断を、良くも悪くも自分が負わなくてはなりません。

この言葉を、出来ない理由ばかり探して自分に言い訳ばかりしている人に贈ります。

 

関連記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る