あがり症を治したいと思う方は、まず「話し方教室」などに通い始める方が多いように思います。

一般的に過度に緊張するのは、慣れていないのが原因だと言われているからです。これはそんなに間違いではないと思います。

特に日本人は緊張感を和らげる「セロトニン」という脳内物資の分泌が外国の方と比べて少なく、あがりやすいと言われています。

それをカバーするために、人前に出る回数を増やし、成功体験を脳に刻み込むことで慣れさせるというわけです。

ただ、100%の方が場数を踏むことでなれるわけでありません。
当院にお越しの方にもおられますが、話し方教室で人前で話しても緊張が取れない方もいるのは事実です。

また、話し方教室で失敗してしまい、その失敗がトラウマになってしまい、ひどくなった方も知っています。ということで、話し方教室には向く方も、そうでない方も居られることは知っていてください。

当院の場合も、同じことは言えます。
身体と脳の緊張を自然に緩和させて、リラックス物質のセロトニンをたくさん分泌できる環境にしていくのが当院のやり方ですが、それより話し方教室で場数を踏んだほうが良い方もいると思います。

要は、自分に合った方法で改善させるのが大切だということです。いろいろな方法を試してみてください。
きっとあなたに合った方法が見つかりますよ。^^

関連記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る