当院はあがり症改善の施術の以前から、自律神経の乱れを解消させる専門院です。
これまでの経験から、過度なあがり症は自律神経の乱れと関連していると思っています。

ですので、当院では自律神経安定させることで、あがり症の改善に取り組んでいるのです。
当院のことを詳しく知ってもらうために、登録していただいた方には毎日自律神経安定に役立つメールをお送りしているのですが、多くの方から感想をいただけています。今回はその中の1通を、個人が特定できないように一部変えた上で紹介させていただきます。

 

 

毎日メールを読ませていただいております。
ありがとうございます。
本日の内容はまさに今日の私に必要な事でした。

現在妊娠中なのですが、1人でいる時に動悸がひどくなり、慌てた事でパニックで呼吸がうまく出来なくなった経験がきっかけで、2ヶ月程前からふとした時にどうしようもなく不安になったり、小さな決断にも慌てて、色々な事が頭を駆け巡り決められないという事を悩んでいました。

単なるマタニティブルーではないような気がしてしまい、メンタルクリニックを受診しましたが、

あなたは大丈夫と思うけど、不安なら抗不安薬をお守りに持ってどうしてもの時は飲んだらどうですか。それでもだめなら出産時にその病院の精神科に相談したら。と言われ、原因はつかめず悶々としていました。

最近は鍼灸に通うなどして少しずつ落ち着ける時間も増えつつある状態です。

何か自分でできる事をしたいと探している時に、上西様のホームページを拝見しました。

ここ数日とても調子が良く、不安をほとんど感じない、感じてもすぐに気持ちを書き換えられていたのですが

今日はふと苦しいという状態から、不安を探してしまい辛い辛いと思うサイクルに陥ってしまいました。
こういう事が多かった時期に、大体がお風呂の時に感じる息苦しさから、不安が込み上げてくるという事を脳が覚えてしまったようで、今日は久々にその状態になりました。

そんな時このメールを拝見して、初めて感想を送らせていただこうと思いました。

色々と対処法を探した時に、不安を受け入れよう!とアドバイスをもらう事が多かったのですが、その意味がわからず大丈夫なフリはやめようとして、不安な時はただ過ぎ去るのを待ったり、動き回って忙しくしていました。

しかし、不安のコントロールを繰り返し行い脳を騙して行く事が有効なのですね!!

不安を感じると、じっとしていられず動き回ってしまい、中々難しいのですが実践していきたいと思います。

大体いつも最終的に行き着く不安は同じです。
出産を控えた今、仕事から離れ毎日行く場所、する事がなくなるのが不安。

仕事で帰りが遅い主人が不在で、1人になる時間がこわい。と大きなものはその位です。

以前は特に感じていなかった事なのに、こうなってから不安な事として自分の中に焼き付いてしまいました。

不安を探す癖が無くなったらいいなと思いますので、いただいたアドバイスを実践していきます。

長くなり失礼いたしました。
また次のメールが届くのを楽しみにしております。

 

以上です。
お役に立つことが出来てたら私も嬉しいですね。

もし読んでみたいと思われる方がおられたら、「役立つ情報希望」というタイトルで、お名前と送信先希望アドレスを書いてm_ue24@kit.hi-ho.ne.jpまでメールしてください。
お待ちしてます。^^

関連記事

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る