前回に引き続き、メールでいただいた質問を紹介します。

ご自分や家族の方に当てはまるかもしれませんので、参考にしてくださいね。^^

今回はのどの異物感についてです。

Q
1ヶ月ほど喉に異物感があって、なかなか取れませんでした。病院で診察を受けても喉に異常は見つかりません。風邪を引いてるわけでもありません。内科でも耳鼻科でも診てもらいましたが、病名ははっきりしません。耳鼻科のお医者さんから、初めてヒステリー球ではないかと言われました。このような喉のゴロゴロ感は更年期障害の症状のひとつだと聞きました。今までは更年期障害といえば、たとえばイライラしたり不眠だったりというものだと思い込んでいたので、驚きました。東洋医学では梅核気と呼ばれるというのも、耳鼻科の先生からうかがいました。精神的なものが大きく関わっており、西洋医学では心療内科や精神科の領域にあたるという話をされました。調べてみると、確かにそのような名前の病名がいくつかヒットしました。東洋医学で治るという話を聞きましたが、実際はどうなのか知りたいです。

 

A.
色んな病院に行っても、ハッキリしたことが分からなかったら不安ですね。
文面から見ると、ストレスが原因で自律神経が乱れてしまい、ヒステリー球を発症したように思います。

ヒステリー球は更年期障害の方だけでなく、男性でも若い女性でも見受けられる症状です。

これは慢性的な疲れや気持ちが不安になったとき、緊張を強いられることが続くときなどに発症しやすいものです。

ストレスから自律神経が乱れていることが原因であることが多くあります。
当院では、交感神経の過剰な働きを抑えて、自律神経の活動を正常に戻す施術をしています。1度ぜひご来院ください。

関連記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る