あがり症になってしまうと、キチンと発声することがしにくくなります。

それによって、早口になったり、聞き取りにくくなり、それを自覚することで更に緊張が増してしまうのです。

これからご紹介するのは自宅でできる簡単な発声トレーニングですが、「あがり症」でない方にとっても有効ですので、ぜひ試してみてください。

まず、声を発する器となる口や表情筋を鍛えます。

なぜ赤ちゃんはうまく発声できないのか。

それは言葉を知らない以上に表情筋が鍛えられていないからです。

同様になぜ老人はモゴモゴとした喋り方になるのかといえば、加齢で表情筋が衰えるからです。

若いうちはまだ何とかなっても、30歳を過ぎれば確実に喋り方に影響します。

凝り固まった表情筋、舌、顎の関節をほぐし、自在に発声できる器を鍛えます。

大きく口を開けて「あうあうあうあう」と言ってみてください。

滑らかに発声できればOKですが、もし顎がガクガクする場合は、顎の付け根と頬骨の下のくぼみを30回ほどグルグル押してください。

どちらも相当痛いですが、それこそ筋肉が凝りリンパが滞り、明瞭に喋れなくなっている証拠なのです。

お試しくださいね。^^

関連記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る