アメリカで心理学者であるブリックマンとキャンベルは、幸福度を測るために長期間アンケートを取りました。対象の人は、宝くじに当たった人々と、事故で半身不随になってしまった人々です。
すると、宝くじの当選者たちは、当たった直後こそ幸福度が上昇しましたが、時間とともに幸福度が下がり、当選する前の状態に戻っていきました。
それに対し、半身不随となってしまった人々は、事故直後こそ幸福度が大きく下がりましたが、時間の経過とともに、幸福度は事故前のレベルに戻っていきました。この研究などを通じ、ずっと幸せに過ごすためには、精神的な豊かさを満たすほうがいいことが明らかになってきました。

s_螳カ譌上う繝。繝シ繧ク蜀咏悄Fotolia_17713726_XS (1)

たとえば、お金を使うにしても、欲しかったものを買うのと、旅行やスポーツなどのレジャーに費やすのとどちらがいいのでしょうか。

ものを買って得られる幸福感が長続きしないのに対し、レジャーを楽しみ思い出を残すことの方が幸福感を維持しやすいため、後者のほうがより最終的な幸福度は高くなります。

車のCMで「物より思い出」というフレーズが使われていましたが、納得できますね。

幸福を感じるためにも、楽しい思い出をたくさん作りましょうね。^^

関連記事

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る