幸福を感じる方法

幸せホルモンを出せてますか?

今回は、幸福になるためには
何をすればいいのかについて考えてみましょうね。

 

< 幸せのかたち >

以前お話ししたように、
分泌される幸せホルモンの種類によって、感じる幸福感は変わります。

セロトニンは安心のホルモンと呼ばれるように、
落ち着いた状態で分泌されます。
セロトニンがリズム運動で分泌されるのも、自律神経同様に、
いつも通りであることでストレスが少なくなり、
変わらない動きによって満たされるからと考えられます。

オキシトシンは愛情ホルモンの名の通り、
心が癒される状態で分泌されます。
人や動物などとの現実での触れ合いによって心が満たされます。

ドーパミンは報酬系と呼ばれます。
何かを達成することで、満足するのですね。
仕事で結果を出したり、ギャンブルで当たったり、
ショッピングでものを手に入れたりすることで満足します。
そして、実際の生活でもそうですが、
映画やドラマ、小説やマンガ、ゲームなどの
疑似体験でも満たされるのですね。

 

< 幸せになれない理由 >

幸せホルモンが分泌されることによって、
さまざまな形での幸せを享受することができるのですが、
日常にありふれたほんの小さな出来事だと、
その心地よい感覚をそのまま素通りして、
現実に追われてしまいます。

現代社会では時間に追われる生活が当たり前になり、
組織や社会、しがらみに縛られて、
望まない生活を強いられている方も多いのではないかと思います。

 

そうした状況に流されることで、
幸せよりもマイナス面にフォーカスしてしまいます。

そこでマイナスのゴール設定を行い、
さらに不幸を引き寄せるという
負のループに陥ってしまっているのですね。

 

< 幸せへの第一歩 >

それではそうした負のループから抜け出すためには、
一体どうすればいいのでしょうか。

まずは日常のなかで、
何か自分がプラスに感じられることに注目することです。

それは感動的なことかもしれないし、充実している感覚なのかもしれない。
可愛いものかもしれないし、綺麗なものかもしれない。
楽しいことかもしれないし、面白いことかもしれない。
スカッとすることかもしれないし、ホッとすることかもしれない。
あったかいのかもしれないし、涼しいのかもしれない。
美味しいものかもしれないし、気持ちいいことかもしれない。

 

こうしたプラスの感情が湧いたときには、
すかさずそれを言葉にして口に出す。
そしてそこに「幸せだなあ」と付け加えるだけです。

「今日のごはん、めっちゃうまい。あー幸せだなあ~」
「うわ~体あったまる~気持ちいい~幸せだなあ。」
「うぉーナイスゴール!やったぜ!スカッとして幸せだ!」

 

そうやって口に出して言葉にすることで、
幸せのゴール設定がなされます。
幸せのゴール設定を繰り返していくと、幸せが定着し、
自分のまわりに幸せがあふれてくるようになります。

幸せが幸せを呼び、幸せのループに入ることで、
毎日が幸せになる。
そしてその幸せの先に、なりたい自分が待っているのです。

 

どのステージに自分がいたとしても、
今あるちょっとした幸せを日々かみしめて、
さらに幸せな自分になっていきましょう!^^

 

関連記事

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る