あがり症は性格が原因?

あがり症の方の特徴として、常に自分の緊張状態をチェックしています。

10のうち9まで大丈夫でも、残りのひとつが僅かな緊張の気配を感じるだけで、そこに気持ちが言入ってしまい、緊張のスイッチが入ってしまいます。

言い方を変えれば、緊張を常に探していると言えるでしょう。
もちろん、誰しもが緊張を常に意識したくはないはずです。

それなのに、なぜ緊張を探し続けるかというのは、私が良く言う「脳の誤作動」により、常に不安感を出す信号が出続けているからなのです。

この信号が出なくなれば、自分で緊張を探す事は無くなります。
改善した方ほとんど全員が同じセリフを言われるのです。
「あの時期は、なぜあんなに気にしてたのだろう」と。

だから、あがり症で自分を責めたりすることはありません。
あなたの性格ではなく、脳の誤作動が原因なのだから、それを整えるだけなのです。

それを整えるために、脳の誤作動の原因である、各種ストレスを身体の許容範囲まで減らすことを意識しましょう。

あるとき、自分の中にある緊張を探さなくなった自分に気付くことになるでしょう。
もちろん、全面的にバックアップしますので、ご安心くださいね。^^

関連記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る