スピーチ時の人前でのあがり症を短期間で克服する方法 / 大阪・城東区にある心理療法・カウンセリング院
院長のブログ
事例
≫ 施設紹介

≫ お問い合わせ
≫ 地図



≫院長の歴史詳細


第4回:はじめの第一歩

前回で、やっとカイロの専門学校に入学。
私が入った学校は、昼と夜間の2部制になっており、私が選んだのは、夜間部。

昼間働いて、家庭に迷惑を掛けないようにして、夜から勉強しようというつもりでした。
入学式で、これから2年間一緒に学ぶ人たちと会いましたが、
夜間部ということもあり、平均年齢は高そう・・・。


年齢もバラバラで(果たして上手くやっていけるかな?)と少し不安もありましたが、
結構スンナリと溶け込む事が出来ました。


男は私を含めて5人。
女性は、3~ 4人だったでしょうか?

しかし、最後に卒業できたのは、半数くらいでしたが、これは後のお話ですね。

入学して、夜に勉強するのは良いのですが、昼の仕事を探さなくてはいけません。

学校が経営している整体院があるのですが、定員オーバーの上、給料はメチャクチャ安いので断念。

別の接骨院か、整体院で勉強も兼ねて仕事をする為に探したのですが、不採用続きでした。
雇う方にするなら、年齢は若い方が良いと思うのは当然なので、
仕方ないのですが、この時期は結構めげていました。


でもお金は稼がなくてはやっていけないので、
取りあえずは、治療と関係の無いアルバイトをする事にしました。
採用されたのは、印刷関係の仕事(右写真)。
私より若い人だらけの仕事場で、結構孤独を味わいましたが、
今となれば、良い経験でした。

ここで午後4時まで働き、
6時から学校で勉強すると言う毎日がスタートしたわけです。
この時の1週間は、月~金は朝仕事で夜勉強。
土曜は仕事で日祭日は、
図書館で1週間の復習をするというサイクルでした。

遊ぶ時間は全くありませんでした。
お金も無いので、当然ですよね〔笑〕


この時、愚痴も言わずに、一緒に図書館で過ごしてくれた嫁さんを思うと、
冗談抜きでありがたかったですね。

後で知ったのですが、この時期のアルバイト料は、13万位だったので、
足りない生活費は嫁の貯金から出してくれていたようです。


今少々、嫁から苛められても耐えられるのは、この時のお陰かもしれませんね。〔笑〕
話がそれてしまいました。
そんな毎日を過ごしていたある日の事です。

両親から実家に来いとの呼び出しが!
用件を聞くと、近所の肩こりの人が身体を触らせてくれるとの申し出でした。

それを聞いて、喜び勇んで、実家に向かいました。
この当時、経験を沢山積みたいと思っている学生は極端な話ですが、
お金を払っても良いから、施術させて欲しいと考えていたのです。

事実、学校の先輩の中には、携帯ベットを持って、人通りの多い所で、見知らぬ人に声を掛けて無料で施術した方も居られました。


ここで初めて、お金は貰わないにせよ、学生以外の他人の身体を触ることになりました。

相手は60代の女性でしたが、私は緊張して、身体の中は汗だらけで、心臓はドキドキ!
(決して恋しているわけではありません(笑))

緊張している反面、『凄い上手!』と言わせたいと気負ってもいました。
今のやり方とは全く違いますが、当時の施術法で、丁寧にして満足してもらおうと、じっくりと全身を時間を掛けて行い、気が付けば、2時間も経っていました。

その時は丁寧にお礼を言ってくれ、能天気な私は達成感に浸っておりました。
しかし、その後何の連絡もありません。

「又いつでもやりますよ!」と声を掛けていたので、もし良かったのなら、連絡してくれる筈です。

後になって聞いたのですが、この2時間も掛けたのが拙かったようでした。
施術後、長時間の刺激で身体がだるくなってしまったとの事です。

と言うわけで、最初の施術は、みごと失敗に終わりました。(この時の女性には本当に申し訳ないことをしました。)

今回はここまで!
次回は、本格的に整体を仕事にするまでの覚悟を書く予定です!
まだまだ道のりは遠いのですが、当時のことを思い出しながら進めて行きますね!

いかがでしたか?
第5回目も気が向いたら、掲載しますのでお楽しみに!

つづきはこちら!