野球やサッカーなどの多くの選手が勝ったときに、胸を広げ手をあげるいわゆるガッツポーズ、何度目にしても感動する力強いポーズですよね。

このようなポーズは、生まれつき盲目の選手にも見られます。

誰に教えられたわけでもない盲目の選手でも、なぜこのポーズを自然出来るのかは、このポーズが生まれ持った意味のあることだと考えられ、研究が進んでいます。

ガッツポーズ

ハーバード大学の社会心理学者エイミー・カディが行った調査によると、ガッツポーズ(力強いポーズ)をたった2分間とるだけで、体内に明らかなホルモン変化が見られ、脳の状態が変わることがわかりました。

実験で行われた具体的なガッツポーズは、“両足を開いて立ち、手を腰にあて、胸を開いて立つ”というものや、“背を倒せる椅子にのけぞり、両手をあげて、胸を開く”といったものがありました。

反対にローパワーポーズ(力の弱そうなポーズ)としては、“身体をまるくして膝を揃えて座る”というものや、“足をクロスして立ち、両腕で自分を抱きしめるように身体をまるめる”といったものがありました。

実験の結果、ガッツポーズをとった人たちのほうが、ローパワーポーズをとった人たちよりも、支配的なホルモンであるテストステロンの増加が見られ、ストレスホルモンであるコルチゾールの減少が見られました。

ガッツポーズをとった人たちは、主張的になり、自信がアップし、ストレスが低減しましたが、反対にローパワーポーズをとった人たちは、内気になり、ストレスに敏感になったのです。

このようなホルモン変化は、20分程度もつそうなので、外出する前にガッツポーズの時間をとるという方法で、乗り切ってしまえばいいですね。
たった2分間。

もし足りないのならばあと数分、家を出る前に、ガッツポーズをするだけでも、ストレスも減り、やる気がアップします。

_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
┏━━━┓ ☆536-0021 大阪市城東区諏訪4-15-16 マルシンビル104
┃\ /==== ☆ 06-6969-5620
┃ ▼ === ☆ E-Mail: m_ue24@kit.hi-ho.ne.jp
┗━━━=☆ホームページ http://www.kit.hi-ho.ne.jp/joto-chiro/
☆自律神経専門HP http://oska-joto-chiro.jp/
☆携帯用HP兼自律神経調整法を掲載したブログ http://joto-chiro.jp/
☆私の恐妻ブログ http://blog.livedoor.jp/m_ue24/
自律神経の乱れから腰痛、肩こりまで
大阪城東メンタルヘルス気功整体院
院長  上西 誠-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_

 

関連記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る