joto一覧

  • 症例報告 中学生 恐怖症により不登校

    症例報告 中学生 症状 各種恐怖症により、学校に行けなくなる。 施術 身体とメンタル面の検査を行うと、かなり大きなストレスがあるのが分かる。 まず体の緊張からチェックすると、首・肩・背中・腰・…
  • ADHD多動性障害について

    (平成15年3月の「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」参考資料より抜粋) ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能…
  • 不登校保護者からのメール

      学生の患者さんの親御さんからメールを頂きましたので、一部かくして投稿させていただきます。^^ 中学生 男子 保護者 週末嬉しかったのは、〇〇の気持ちが安定していて、本来の明るく素直な優しい彼であ…
  • 発達障害の原因

    最新の発達障害の研究では、学校に馴染めない子供が不登校になる原因として注目されています。 発達障害の原因ですが、いろんな説がある中で覚醒化脳外科手術の第1人者である篠浦伸禎先生の説が注目されています。 内容を…
  • 最初はイヤイヤ来てた子供が…

    初めて施術を受けた保護者の方からメールを頂きましたので紹介します。 中学生 男子 保護者 おはようございます。〇〇です。 先日は急な予約を受けて下さりありがとうございました。 そちらに行くまでは、めんどく…
  • 中学生男子の症例

    症例 中学生男子 初来院時の状況 いじめが切っ掛けで一時不登校になる。 その後少しずつ登校できるようになるが、ほぼ毎日遅刻早退している。 教師・生徒間での人間関係で何かの拍子でパニックになりやすい。 …
  • 子供との距離

    不登校児の施術の場合、基本的には保護者同伴で行いますが、必要ある時はお子さんと二人きりでお話しする時があります。 二人きりになると、最初は緊張しているせいか、なかなか話してくれませんが、ちょっとした切っ掛けで話が弾…
  • 不登校の原因が不明の場合は・・・

    子供が不登校になる切っ掛けは、いじめや先生に叱られたなど色々あります。その中でも意外と多いのが、自分でも原因が分からないことです。 別に学校や先生が嫌いではないのに、朝起きると吐き気や腹痛で学校に行けないのです。 …
  • 子供の患者を診るようになった切っ掛け

    私が不登校で困っている子供さんの施術に情熱を傾け始めたのは些細な切っ掛けでした。 当院は元々自律神経の乱れで困っている方を対象としてきた専門院ですが、当初はストレスで体調不良になった大人が対象で、子供さんは特に考え…
  • 忘れられない思い出

    忘れられない失敗があります。 それは今から10年ほど前、まだ私が子供の自律神経失調症ともいわれる起立性調節障害にそんなに詳しくない時期でした。 当時中学3年生の女の子がお母さんと一緒に来られました。 高校受験前…

無料メール講座

自力で自律神経の乱れ・うつ病・パニック障害を安定させる無料講座です。 http://www.reservestock.jp/subscribe/37479
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る